Samsung is buying Harman for $8B to further its connected car push | TechCrunch

Samsung is increasing its focus on the connected car after the Korean firm announced plans to buy auto and audio product maker Harman in an all cash deal worth $8 billion.You may best associate the name with audio equipment, but Harman is big on cars, too. The acquisition is Samsung’s largest to date and a big deal for its automotive ambitions. Around 65 percent of Harman’s sales — which totaled $7 billion over the last year — were for car-related products. Samsung added that Harman products, which included connected car devices and audio systems, are installed in an estimated 30 million vehicles worldwide…

イヌの人工血液、宇宙技術で=たんぱく質解析、合成-中大など:時事ドットコム


献血システムがある人間と異なり、イヌなどの動物医療では輸血用の血液確保が深刻な問題となっている
中央大と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究チームは、国際宇宙ステーションで培ったたんぱく質解析技術を使い、イヌ用の人工血液を開発した。長期保存が可能で、血液型型に関係なく使えるといい、5年後の製品化を目指す。論文は10日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。
人工血液は酸素を運ぶ能力が重要。ウシのヘモグロビン(酸素を運ぶたんぱく質)を使った製剤もあるが、副作用も多かった。イヌの血液中のたんぱく質(アルブミン)でヘモグロビンを覆えば副作用は避けられるが、アルブミンはイヌの血液から採取するしかなく、安定供給が難しかった。
中央大の小松晃之教授らは遺伝子組み換え技術を用い、酵母にイヌのアルブミンを作らせることに成功。このアルブミンでウシのヘモグロビンを包んだ分子を合成した …

What is dark data?

Shedding Light on Dark Data: How to Get Started Move over Big Data. There’s a new buzzword: dark data. It’s actually not so new—Gartner coined the term a couple years back—but dark data is finally starting to catch on in market research circles and it represents a huge untapped opportunity for insights! Gartner defined dark data as “the information assets organizations collect, process, and store during regular business activities, but generally …

Slack打倒を狙う「Microsoft Teams」の侮れない強み Office 365+チャットは魅力的か

Microsoftは、新しくコラボレーションアプリ「Microsoft Teams」をリリースする。このアプリは、他のコラボレーションアプリと比べてどのような強みを発揮するのだろうか。

Microsoftの新コラボレーションアプリケーションの「Microsoft Teams」は、「Office 365」の大企業向けおよび中小規模企業向けの各エディションに無料で含まれる見込みだ。「Microsoft Word」や「同 Excel」「同 PowerPoint」「同 SharePoint」などのOfficeアプリケーションは、Microsoft Teamsに組み込まれる形になる。Microsoft Teamsは現在プレビュー版が提供されている。一般向けのリリースは2017年第1四半期になる見込みだ。

市場調査会社Frost & Sullivanのアナリストであるロブ・アーノルド氏によると、Microsoftがコラボレーションアプリケーションをリリースするのは、自社のコラボレーション製品群を完成させるためだ。それとともに、「Slack」や「Cisco Spark」「Unify Circuit」に対抗するのが狙いだという。

「競争という視点で見れば、Officeアプリケーションとの連係はMicrosoftにとって大きなアドバンテージだ。Microsoft Teamsを何千万人ものユーザーの目に触れさせることができるからである。これに対しSlack Technologyは、サードパーティーの新参ベンダーにすぎない」とアーノルド氏は指摘する。