NEWS

フルモデルチェンジを遂げた iPad Air(第4世代) Proをしのぐ性能でコスパは十分

iPhone 12、12 Proの発売に沸くモバイル業界だが、もう1つのApple製品も、10月23日に登場した。iPadの最新モデルとなる第4世代の「iPad Air」だ。もともとiPad Airは、iPadの薄型・軽量版として、2013年に発売されたモデル。翌年発売になった第2世代のiPad Airを最後に、いったんはシリーズからその名が消えていたが、2019年に復活。ProラインではないiPadの最上位モデルとして、その位置付けを新たにした。

第3世代iPad Airは、薄くて軽いというより、iPad Proの入り口になるような製品だった。第1世代のApple Pencilに対応した他、第1世代の10.5型iPad Pro用に開発されたSmart Keyboardも、そのまま使い回すことができる。一方で、Proシリーズとは異なり、ホームボタンは残され、Face IDの採用も見送られている。形状は、無印のiPadやiPad miniに近い。