Medical CareNEWS

存在感を増す医療向けAR/VR、世界的カンファレンスでもキートレンドに – 起業家医師から見た医療×VRのいま –

医療向けAR/VRは米国を中心に導入が進んでおり、活用範囲の規模と質の両面において進化を続けています。外科医等のトレーニング、手術のシミュレーション、リハビリ、疼痛や不安の軽減など、領域は拡大。AIとの組み合わせで医療機器として承認を得るなど、治療方法としての価値も高まっています。

ARで画像診断を強化する

医療画像処理は診断や病態の評価において重要な役割を担っている一方、CTやMRI、レントゲン画像の誤った解釈が原因とされるエラーが毎日3%から5%ほど発生しているとの報告もあります。画像を自動的に分析するアルゴリズムの開発など、ミスを防ぐ努力は続けられているものの、放射線医学という分野の複雑さゆえに、専門医でさえ判断を誤ることがあるのは事実です …