NEWS

日欧、個人データの相互移転で合意 今秋にも発効

日本と欧州連合(EU)は31日、現地で得た個人データの移転を相互に認めることで実質合意した。EUは5月に施行した一般データ保護規則(GDPR)で、域外へのデータ持ち出しを厳しく規制している。日本側が企業が新たに守るべき指針を7月初旬までに定めることで、今秋にもデータを円滑に移転する枠組みが発効する。企業の事務負担は軽くなりそうだ。

EUのベラ・ヨウロバー欧州委員と、日本の個人情報保護委員会の熊沢春陽委員が都内で会談し合意した。ヨウロバー氏は日本経済新聞社などに対し「保護水準の擦り合わせで進展があった」と話した …