AIDevelopmentNEWS

AIは“人の脳への回帰”でさらに進化する?


AI(人工知能)をさらに発展させるヒントは、人間の脳にあるかもしれない。「ISSCC 2018」で、フランスCEA-Letiに聞いた。

「既存のコンピューティングの代替技術を見つけるために人間の脳に回帰する」という考え方は、それほど新しいものではないようだ。CEA-Leti(フランス原子力庁の電子情報技術研究所)のチーフサイエンティストであるBarbara De Salvo氏は、「人工知能(AI)が1950年代半ばに登場して以来、多くの科学者やエンジニアが、こうした考え方に興味を抱いてきたが、AI関連の研究はこれまで、浮き沈みの波に翻弄されてきた」と述べている。

同氏は2018年2月12日に、半導体集積回路技術の国際会議「ISSCC 2018」(米国サンフランシスコ、2018年2月11日~15日)で基調講演に登壇した後、EE Timesのインタビューに応じ、「人間の脳に発想を得た技術について真剣に検討すべき時が来た。半導体業界は、新しいコンピューティングパラダイムやアルゴリズムを見つけられなければ、一段と厳しくなる消費電力要件に対応していく上で、最終的に壁にぶつかることになる」と警告している