AINEWS

AIのビジネス活用を日本の“お家芸”に――AI分野11社が結集した企業連合の野望とは


AI技術のビジネス活用を推進する企業連合が発足した。「AIビジネス推進コンソーシアム」は自らの活動を日本の“お家芸”にしようという狙いもある。果たして奏効するか。

 「AI(人工知能)技術を実際にビジネスで使っていけるようにしたい」――。12月13日に発足したAI関連の企業連合の設立発表会見で、この動きの仕掛け人であるグリッドの曽我部完 代表取締役はこう強調した。

新設された企業連合は「AIビジネス推進コンソーシアム」。「AI を社会に役立て、ビジネスや研究活動を活性化・推進すること」が目的だ。曽我部氏は「国内のAIサービスの開発力強化と産業界へのAI適用の加速を目指す」とも強調。設立の趣旨について次のように述べた。