NEWS

米Microsoft、Gitリポジトリのファイルシステムを仮想化する「Git Virtual File System」を公開


米Microsoftは2月3日、Gitリポジトリのファイルシステムを仮想化する「Git Virtual File System(GVFS)」を公開した。リポジトリのファイルシステムを仮想化することで、チェックアウトなどの操作を軽快に行うことができるという。

Git Virtual File System(GVFS)はリポジトリのファイルシステムを仮想化し、必要に応じてオブジェクトをダウンロードすることで、リポジトリ内の全コンテンツをダウンロードすることなしにGitを利用できるというもの。すべてのファイルはローカルにあるように操作でき、大容量のリポジトリでもclone、checkout、statusなどの操作を数秒から数十秒で行えると報告している。

Microsoftによると、社内でGitを利用する開発者は多いが、コード行の多いリポジトリを持つチームがいくつかあり、Gitクライアントの使い勝手に問題があったことから開発を行うことにしたという。例えば、Windowsのコードベースは270GB、350万行あるとのこと。こういった大容量のリポジトリでは、チェックアウトに最大3時間かかったり、git statusでリポジトリのステータスを確認する操作に10分かかることもあるという。