NEWSRegenerative Medicine

「生物・細胞」をソフトウェア制御する「再生医療」に着手 ~失明された方の“光の回復”を目指し、視覚再生用プリズムグラス開発および視細胞制御ソフトウェア組み込み~



 JIG-SAW株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山川真考、東証マザーズ、以下JIG-SAW)と、モビコム株式会社(JIG-SAWおよびモビコム株式会社を含めて、以下当社グループ)は、全てのモノを対象にするIoT分野に加え、オプトジェネティクス(光遺伝学)を視覚へ応用し、「生物・細胞」をソフトウェアによって制御するプロジェクト(以下本プロジェクト)を正式に開始し、併せて関連技術の特許出願を完了したことを発表いたします。

当社グループは2015年の初頭より、独自のDSP(デジタルシグナルプロセッサ)・通信制御・色信号制御技術を再生医療分野にも転用し、国立大学法人岩手大学 理工学部生命理工学科 冨田浩史教授(※1)・菅野江里子准教授ら(以下、冨田研究室)の視覚再生プロジェクトにおいて、「光を失った方(失明された方)に光を取り戻す(視覚再生)ための取り組み」を共同で進めてまいりました。