NEWS

Dockerで永続ストレージを実現する4つの方法

Posted


デフォルトのDockerは永続ストレージをサポートしていなため、コンテナの削除によってデータも失われる。だが、ここで紹介する方法を使えば永続ストレージを利用できる。

コンテナ技術を使えば、アプリケーションの作成、管理、実行を非常に効率化できる。例えば、「Docker」を実行する物理ホストは、スケジューリングとメモリリソースを効率的に使用して、数百のコンテナを同時に管理できる。

コンテナは、基盤となるOSの機能を使用して、ネットワークやストレージにアクセスするアプリケーションに必要なプロセスを集約したものだ。

コンテナ間のプロセスは、「cgroups」や「名前空間」などの運用特性によって分離される。そのため各コンテナには、サーバでインスタンスが1つだけ実行されているように見える。