AINEWS

人工知能でがん治療の精度アップ 国立がん研など新システム開発へ

Posted




がん患者の臨床データなどをAIで解析し、診断や治療の精度向上につなげるシステムを国立がん研究センターや産総研らが開発する。

国立がん研究センターと産業技術総合研究所(産総研)人工知能研究センターなどは11月29日、人工知能(AI)技術を活用し、がんの診断や治療の精度を上げる「総合的がん医療システム」の開発を始めると発表した。2021年ごろをめどに、患者ごとに最適化した治療の実現を目指す。